ドクターズコラム

HOME > ドクターズコラム > 内科:高田 泰治 > 西条中央病院ニュースVo.l12 電子カルテを導入して 院長 髙田 泰治

西条中央病院ニュースVo.l12 電子カルテを導入して 院長 髙田 泰治

西条中央病院では本年4月1日に電子カルテを導入しました。約2ヶ月が経ちましたが、当初は「先生が診察中に患者さんの顔を1度も見てくれない」という笑い話のようなご不満の声がありました。ようやく慣れてきましたので、お話を聞きながら、診察をしながらキーボードに向かうことができるようになってきたと思います。電子カルテではカルテを運ぶ手間がなくなりますので、外来診察の待ち時間が少なくなるはずだったのですが、導入当初はずいぶんとお待たせして申し訳ありませんでした。これからは次第に改善されるものと思いますのでもう少しご辛抱ください。

西条・新居浜地域では多くの病院がすでに電子カルテを導入しています。当院はこの地域ではむしろ遅い導入となっています。しかし、全国的にみますと電子カルテを導入している病院は全病院の約15%に過ぎず、この地域は非常に先進的で特別な地域であるといえます。

電子カルテになれば何が変わるのかといいますと、医師は病院内のどこからでも患者さんのカルテが見えますので、患者さんの状態をいつでも把握できるようになります。また、最近の医療は医師や看護師だけが行うのではなく病院内のいろいろな専門職がチームとなって当たるのが主流となっています。電子カルテでは患者さんの情報が共有できますので、医師、看護師のみならず薬剤師、栄養士、臨床検査技師、臨床工学技士、放射線技師、理学・作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士などの専門職が一体となったチーム医療が非常にやりやすくなります。当院でもこのチーム医療を目指しています。

診療所で診ている患者さんが検査や入院が必要になると病院に紹介し、検査や入院治療が終わると再び近くの診療所に帰り、治療を継続することを地域連携と呼んでいます。この度導入された電子カルテシステムではこのような地域連携が非常にやりやすくなっていますので、これから積極的に推し進めたいと思っています。

西条中央病院では平成22年2月に64列マルチスライスCT装置を導入し、平成23年8月に心臓カテーテル装置、そして平成24年5月に最新のMRI装置を導入しました。現在、当院では最新の医療機器を備え、さらに電子カルテシステム、SPD物流システム、勤怠システムなどのソフトウエアが加わり、これまでの歴史の中で最も機能が充実した時期を迎えています。これらの機能を充分に活用し、より良い医療を患者さんに提供できるように一層の努力をしたいと思っています。

 

 

 

 

 

受付時間

8:00~12:00/13:00~16:30

診療時間

9:00~/14:00~

休診日

第2・第4水曜日午後、第1・第3土曜日


産婦人科・歯科は予約制、小児科、外科・眼科は一部予約制です。
予約・予約変更のお電話は、平日診療日の14時から17時にお願いします。

まずはお電話、
0897-56-0300