こんにちわ誌

HOME > こんにちわ誌 > 毎年多くの若い女性から「いのち」と「未来」が奪われています  産婦人科 吉田望

毎年多くの若い女性から「いのち」と「未来」が奪われています  産婦人科 吉田望

 ある子宮頸がん患者さん(28歳、未婚)の症例です。

 平成○年3月、婚約を機に初めて子宮頸がん検診を受診。細胞の異常を指摘され、○○大学病院紹介受診。内診・MRI・CTなどで子宮頸がんⅡa期と診断。4月、広汎子宮全摘、両側卵巣・卵管摘出、骨盤内リンパ節摘出術(術後、排尿訓練実施)。5月、術後の同時放射線・化学療法。

 平成△年1月、腟に再発。2月、再発腫瘍・膀胱・直腸合併切除、人工尿管・人工肛門造設術。8月、骨盤リンパ節・傍大動脈リンパ節・肺に多発再発。化学療法を6カ月行うも、病状進行

 平成□年5月、ご両親・婚約者に看取られて永眠(享年30歳)。 

 

 子宮頸がんは女性の子宮の入り口付近にできるがんで、ほとんどがヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスが性交渉で感染することによっておこります。感染後、がんになるまでに5~10年あるいはそれ以上かかります。前がん病変で自覚症状が出現することはなく、進行してはじめて症状が現れます。そのため1~2年毎の子宮頸がん検診が重要です。

 子宮頸がんは国内で毎年約1万人診断され、約3千人が亡くなっています。2000年から急増しているがんです。近年は35~45歳が最も多く20歳でも罹患する方が増えています。当院でも例年1~2人程度を診断していましたが、この1年間は特に多く、8人の子宮頸がん患者さんを診断しました。子育て中の方もいました。

 子宮頸がんは予防できるがんです。予防方法は「HPVワクチンの接種」と「子宮頸がん検診」です。性交前のHPVワクチンなら前がん病変も防ぎ得ます。私はHPVワクチンを接種しましたし、娘も公費(無料)年齢になったら接種させます。

 

「あなたは子宮頸がん検診を、お嬢さんにはHPVワクチンを」、切なる願いです。

受付時間

8:00~12:00/13:00~16:30

診療時間

9:00~/14:00~

休診日

第2・第4水曜日午後、第1・第3土曜日


産婦人科・歯科は予約制、小児科、外科・眼科は一部予約制です。
予約・予約変更のお電話は、平日診療日の14時から17時にお願いします。

まずはお電話、
0897-56-0300