こんにちわ誌

2012年3月号
「手術を受ける方のデータ登録のお願い」 副院長 外科 小野仁志

「手術を受ける方のデータ登録のお願い」

 現在、日本のどのような場所でどのような医療が行われているかは、厚生労働省や医療団体も詳細を把握できていない状態です。患者さん目線の良質な医療を提供するためには、その基礎となる、国内の医療情報を集積し解析する必要があります。日本では、関連する多くの臨床学会が連携し、一般社団法人national clinical database以下NCDを立ち上げ、データベース事業を開始することになりました。

 全国の大病院がほとんど参加しておりますが、西条市内でも当院を含め、4病院がこの事業に参加しております。

 登録される情報は、日常の診療で行われる検査や治療の契機となった診断、手術などの各種治療やその方法等となります。これらの情報を患者さんが特定できない形で、厳重に管理いたします。登録される情報は、参加施設の治療成績向上ならびに皆様の健康向上に役立たせるため、参加施設や各種臨床領域にフィードバックされます。この時の情報は、集計・分析後の統計情報のみとなりますので患者さん個人を特定出来ません。

 本事業への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否していただくことができます。なお、拒否されたことで、日常の診療などで不利益を被ることは、ございません。

 この事業は、外科手術登録から始まりますが、何とぞ趣旨をご理解の上、ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright © 2017 西条中央病院 All Rights Reserved.