こんにちわ誌

2012年1月号
「謹んで新年のご挨拶を申し上げます」 院長 高田泰治

「謹んで新年のご挨拶を申し上げます」

当院がつつがなく新しい年を迎えることができましたのも、ひとえに皆様のご支援、ご厚情のお陰と心よりお礼申し上げます。

昨年三月十一日の東日本大震災では、これまで経験したことのない大災害を被りました。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。被災地では今もなお大津波の傷跡を残し、また福島第一原発の原子炉がようやく冷温停止状態に至る見込みとなったとはいえ、放射能汚染が予想以上の拡がりをみせ、健康被害が心配されているところです。

一方、ギリシャの財政破綻に端を発したヨーロッパの経済不安の影響で、世界は同時不況の様相を呈しています。日本では円高不況が続き、財政は危機的状況にあるもかかわらず、毎年首相が代わり、政治が不在となっています。復興費用や社会保障費用などをどうするのか、将来の展望を早く示してほしいものです。

新年を迎えて、私たちは今年こそ明るく希望に満ちた年となるように祈りますとともに、「絆(きずな)」や「頑張ろう、日本」を合言葉に復興に向けて頑張っておられる被災地の方々の応援をしていきたいと思います。更に私たちは地域の皆様に親しまれ信頼される医療を提供し、皆様の健康づくりのお役に立つように日々努力を重ねていきたいと思っております。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Copyright © 2017 西条中央病院 All Rights Reserved.