こんにちわ誌

2012年7月号
「最新鋭のMRI装置」 院長 高田泰治

「最新鋭のMRI装置」

 西条中央病院では今年五月末に新しいMRI装置を導入しました。工事期間中は皆様に大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

新しいMRI装置はフィリップス社製の1・5テスラのタイプです。この装置の特長として、信号をコイル内で完全デジタル化する方式により、今までより高画質な画像を高速で撮影することが可能となっています。また開孔部が広くなったため、体格の大きな方や狭い場所が嫌いな方も検査が可能になると思われます。

今回の新MRI装置のもう一つの特長は、心臓などの循環器系の撮像に優れていることです。ヨード過敏症がある方でも造影剤を使わずに冠動脈が撮影できますので狭心症や心筋梗塞の診断やスクリーニングに利用できると思います。またMRIの得意な脳や脊髄の画像診断のほか、質的診断が可能なため全身の癌の検査にも威力を発揮するものと思われます。

 当院では一昨年に六十四列マルチスライスCT装置を導入しています。今回の最新鋭MRI装置と組み合わせることにより、さらに高度な画像診断が可能になると期待しています。皆様のお役に立てるように願っています。

Copyright © 2017 西条中央病院 All Rights Reserved.