こんにちわ誌

2011年2月号
「地域医療連携室」 院長 髙田泰治

「地域医療連携室」

もし自分が病気になれば、誰でも最善の医療を受けたいと思う気持があるはずです。西条中央病院では、すべての病気について最善の医療が行える訳ではありませんので、患者さんのために専門医のいる病院に紹介させていただくことがあります。また、自分の病気について他の専門医の意見が聞いてみたいという時には、セカンド・オピニオン制度が利用できますので、この場合にも紹介状とともに検査成績を持って他の病院に行っていただくことになります。

地域医療連携室は、患者さんが他の病院に行く場合に、担当医師の診察日を調べて予約を取るなどの役割をしてくれます。逆に、他の病院や診療所から西条中央病院に紹介されて来る時にも同様に連携の役割を果たしてくれます。このように病院と病院、病院と診療所との橋渡し役をしているのが地域医療連携室です。

地方における医師不足は今も続いています。以前は西条中央病院や市内の他の病院にも多くの医師がいましたが、今は非常に少なくなり、1つの病院ですべての病気の診断や治療を完結することが困難となってきています。このために地域の病院の間で医療を互いに補い合うことが必要になってきています。これからますます地域医療連携室の役目が重要になってくると思います。

Copyright © 2017 西条中央病院 All Rights Reserved.