こんにちわ誌

2011年1月号
「恭 賀 新 年」 院長 高田泰治

「恭 賀 新 年」

新春の候、年頭にあたり謹んでご祝詞を申し上げます。当院が新しい年をつつがなく迎えることができましたのも、ひとえに皆様のご支援、ご厚情のお陰と心よりお礼申し上げます。

西条中央病院では、昨年「社会福祉法人」の設立が認可され、新しく地域密着型小規模介護施設を建設・運営することになりました。クラレの正面玄関前に二階建ての和風の建物ができつつあります。二階には二十九床の特別養護老人ホームが入り、一階には二十床のショートステイが入る予定です。この小規模介護施設を「ついたちの里」と名付けています。今年4月にオープンする予定です。

この「ついたちの里」は西条中央病院の北側に出来上がりますが、南側には通所リハビリテーションがあり、今も多くの方がリハビリに通っておられます。また病院敷地内に認可保育所(わかば保育園)もあります。病院の周りには連携する介護施設として二つのグループホーム「フルーツの家」と「杜の家」があります。また、病院の西側にはシニアハウスと呼ぶ高齢者専用賃貸住宅があり、さらに薬局やスーパーマーケット、ホームセンターもあります。このように西条中央病院を中心として、この朔日市地区に医療、介護、福祉が一体となったコミュニティ(地域社会)が形成されつつあります。

私たちは医療のみならず介護や福祉の分野においても皆様のお役に立つよう全力を尽くしたいと思っております。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Copyright © 2017 西条中央病院 All Rights Reserved.