こんにちわ誌

2010年10月号
「怖がらないで! 歯周病」 歯科 松崎恵

「怖がらないで! 歯周病」

 私が「歯科医師になって良かった」と思えることの1つに歯周病で悩んでいる方々に‘つまようじ法‘という画期的な歯磨き方法によって歯周病の治療と予防ができる」という事があります。これまで何人もの方々に「もうだめだ、とあきらめていたけれど来て良かった」と言って頂きました。これは歯科スタッフ一同の大きな喜びです。

 「歯周病」は昔なら「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。皆さんは歯周病と聞いてどんな状態を思い浮かべるでしょうか?「歯ぐきが腫れて痛い、血や膿が出るようになる、歯がグラグラして最後は抜けてしまう、治らない病気…」というような暗いイメージがあるのではないでしょうか?

 西条中央病院歯科では、歯科医師、歯科衛生士が行う‘つまようじ法‘歯磨きによる歯周病の治療および予防に積極的に取り組んでいます。

 歯周病は細菌による感染症です。歯周病は「歯と歯の間」から始まりますが、‘つまようじ法‘歯磨きはこの部分の歯垢(細菌の塊)をしっかり除去すると共に、さらにここの歯肉をしっかりマッサージする事によって細菌に感染しない丈夫で健康な歯肉に作り変えて行く事ができます。この歯磨きを続ける事により歯周病は改善して行きます。

「もしかしたら歯周病?」と不安に思っておられる方、ぜひ歯科での‘つまようじ法‘歯磨きを体験しにいらして下さい!心よりお待ちしています。

Copyright © 2017 西条中央病院 All Rights Reserved.