こんにちわ誌

2005年10月号
「メタボリック・シンドローム」 外科部長 小野仁志

「メタボリック・シンドローム ~あなたは、大丈夫ですか?~」

 ウエスト回り(おへその周囲)が男性の場合85cm以上、女性の場合90cm以上。加えて高脂血症、高血圧、糖尿病の3つの病気のうち2つ以上が該当すると、メタボリック・シンドロームといいます。

 40歳以上の3人に1人が、メタボリック・シンドロームであると云われています。一つ一つの疾患は軽症であっても、急速に動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などが発症し易くなります。また、肺や消化管などの外科手術の際にも、肥満、高脂血症、高血圧、糖尿病が複数存在する場合、手術に伴う合併症が多くなります。

 メタボリック・シンドロームは、生活習慣病ですから、食事療法や運動療法が大切です。摂取カロリーの見直しと野菜・魚を多くした食事を心がけること。また、運動により一日300カロリーを消費することで肥満予防になります。ウオーキングだと1万歩が300カロリーに相当しますが、仕事で忙しくてそんな暇もないという人も多いことでしょう。その場合は、通勤や職場でできる運動=歩行での通勤やエレベーターを使わないといった方法を取りましょう。

 かく云う私もこの度ウエストが、85cmをオーバーしたため、メタボリック・シンドロームにならないように現在、食べ過ぎに注意し、できるだけ運動するよう心がけています。

 誘惑は多いものの、病気にならない生活習慣を、何とか身に着けたいものです。

Copyright © 2017 西条中央病院 All Rights Reserved.