こんにちわ誌

2004年11月号
「ネットばかりじゃ脳がない!」 外科医長 矢野達哉

「ネットばかりじゃ脳がない!」

パソコンが一般家庭に普及するようになったのは、ごく最近の事のように思う。少し前まで最初にパソコンですることは“年賀状”という人も多かったが、最近は“まずインターネット”という人も多い。インターネットを駆使すれば、様々なことが可能になり、情報収集能力は飛躍的に上昇する。

しかし、パソコンは本来、汎用機であり、様々な事が可能である。ワープロや表計算ソフトを使って定型業務を効率化したり、写真や音楽や動画を鑑賞・編集することもできる。

私自身、パソコンなしでは仕事は成り立たないし、遊びでもなくてはならない物になっている。生来の悪筆に加え、加齢とともに記憶力は低下、頭の回転もやや鈍ってきてしまった私にとって、これらを補う意味でもパソコンはなくてはならないものである。

誰でも複雑なことを考える際、まず問題点を列挙してからその対策を考えるだろうが、私の場合、これらの作業をすべてパソコンで行う。といっても特別なことをするわけではなく、単にモニター上に書き出し(≒打ち込み)、あれこれ並べ替えながら考えていくだけである。まさに思考の手助けをしてくれる道具と言える。用いるソフトはウィンドウズにオマケのようについている「メモ帳」でも「ワード」でもかまわない。ちょっとしたメモなどもパソコンに打ち込んでおけば、紙のメモようになくなることはないし、内容の一部を覚えておけば、一瞬で検索することができる。中級者以上の方はGREP機能があるエディタや全文検索ソフトなどを用いれば、これらの作業はさらに快適になる。

実際にやってみればさほど難しくはなく、パソコンの威力を体感することができる。だまされたと思って一度、お試しあれ!

Copyright © 2017 西条中央病院 All Rights Reserved.