こんにちわ誌

2004年1月号
「あけましておめでとうございます」 院長 高田泰治

「明けましておめでとうございます」

 皆さまにはよき新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。当院がつつがなく新しい年を迎えることができましたのも、ひとえに皆様の温かいご支援、ご厚情のお陰と心からお礼申し上げます。
 さて、西条中央病院では、昨年来「安全な医療を提供する」ことを最重点項目として取り上げ、努力して参りました。医療事故や医療ミスをなくすることは申し上げるまでもないことですが、火災や地震などの不慮の災害に備えたり、不意の停電時にも手術、血液透析、人工呼吸などの医療が中断することなく行えるようにしておくことも大事であると思っています。
 さらには病院内につまずきやすい箇所はないか、階段に手摺りがついているか、危なくないか、倒れやすいものが置かれていないかなどいろいろと配慮しているところです。安全管理の面では充分過ぎるということはないので今年も引き続き努力を続けたいと思っております。皆様におかれましてもお気付きの点がございましたら遠慮なくご指摘いただければ幸いに存じます。
 年頭にあたり、私たちは皆様の健康を願い、安全でしかも最善の医療を提供できるように、さらには皆様に心から信頼していただけるように心を新たに努力を重ねたいと思っております。
 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Copyright © 2017 西条中央病院 All Rights Reserved.