医療機器のご紹介

血管造影(撮影)検査

血管撮影装置

GE社製 Innova 3100IQ

血管造影検査とは、造影剤という薬をカテーテルといわれる管から血管に注入し、その様子をX線を使って透視、撮影をすることにより、血管内の状態を映し出し、診断、治療することを目的に行われます。たとえば、心臓カテーテル検査がそれに該当します。当院では、フラットパネルを搭載した血管撮影装置を導入し、高画質、高精細、しかも被曝が少ない検査となっております。心臓カテーテル検査にとどまらず上肢、下肢血管造影検査とともにPTA経皮血管形成術・ステント留置術などの治療も積極的に行っています。

Copyright © 2017 西条中央病院 All Rights Reserved.