医療機器のご紹介

マンモグラフィ検査

乳房撮影装置

GE社製Senographe DMR+

乳房専用の撮影装置は圧迫器により乳房を広げ乳腺の重なりを減らします。放出されるX線は一般のものとは異なりコントラストのつきやすいX線で病変の描出を良くします。これにより、腫瘤を持たず視触診ではわからない形態の乳癌や、視触診で触れることのできない小さな腫瘤まで検出することが可能となります。

そして乳がん検診(マンモグラフィ)には

・施設    ・読影部門    ・技術部門    この3つにおいて認定制度があります。

当病院の乳房撮影装置は上記にある施設認定の厳しい合格基準を満たした装置で、その精度を維持するための品質管理も毎日行われています。また、当病院ではこの上記の読影部門の認定医、技術部門の認定技師もいて外来での乳がんの検査や検診部による乳がん検診を万全の体制でサポートしています。

Copyright © 2017 西条中央病院 All Rights Reserved.