病院概要

ご挨拶

院長 高田泰治

当院は、昭和29年(1954年)に「地域社会への奉仕の精神」を創立の基本理念として、地域の皆様の健康を守り、親しまれ信頼される医療を提供することを目的に、財団法人倉敷中央病院分院として設立されました。その後、昭和59年(1984年)に「医療法人」として独立し、平成18年(2006年)には「特定医療法人」へ移行し、そして平成21年12月1日に「社会医療法人」同心会西条中央病院として新たな変革を遂げました。
 私たちは創立の基本理念をもとに、次の五つの行動指針を掲げています。

 

  1. 1.私達は患者さん中心の医療を提供します。
  2. 2.私達は常に医療水準の向上に努めます。
  3. 3.私達は思いやりと同心協力の心を大切にします。
  4. 4.私達は患者さんの持つ権利を尊重します。
  5. 5.私達は開かれた医療を進めます。

 

このなかで「同心協力」とは、職員全員が同じように思いやりのあるやさしい心を持って、協力しながら質の高いチーム医療を行うことを意味しています。
患者さん中心の医療を提供するために、患者さんのお気持ちやご意見をお聞きしたいと思っています。わからないこと、疑問や不満に思うことなどがありましたら、医師、看護師、あるいは職員の誰にでもお気軽にお話しください。
より快適な療養環境を整えるとともに、病気につきましては充分に説明し、納得をいただいたうえで最善の医療を行いたいと思っております。
このたび、「社会医療法人」に生まれ変わり、公益性、公共性の高い病院となりましたので、これから医療を通じて地域の皆様にさらに貢献したいと決意を新たにしています。

院長 高田泰治

  • ご挨拶
  • 沿革
  • 届出・承認事項
Copyright © 2017 西条中央病院 All Rights Reserved.